1. ホーム
  2. 学ぶ>
  3. 高萩市の歴史

学ぶ

高萩市の歴史

沿革

 本市では、古くから人々の生活が営まれ 約6,000年前の遺跡が確認されているほか、約1,200年前に編纂された万葉集の中にも『手綱の浜の歌』が詠まれ、高(多珂・多賀)国の行政機関が置かれるなど長い歴史と伝統が培われてきています。

 また、江戸時代には現在の秋田県仙北市から移された戸沢氏が松岡城を築き、その後水戸藩の附家老中山氏の城下町として明治維新を迎え、松岡藩から松岡県を経て茨城県に属することとなりました。
明治以降は、郡役所、税務署、営林署、警察署などが設置され多賀郡の中心地としての役割を担ってきました。明治30年には常磐線が開通し、石炭産業のまちとして、また、古くから続いてきた木材や馬の産地として経済の発展を見せました。こうした中で、昭和29年11月23日に高萩町、松岡町、高岡村と黒前村及び櫛形村の一部が合併して高萩市が誕生しました。その後、昭和30年代の中頃からエネルギー革命が進む中で、基幹産業であった石炭産業が次第に衰退し、昭和42年には石炭産業のまちとしての歴史が閉じられました。

 一方、炭鉱閉山後に誘致した松久保、手綱・手綱B工業団地への企業の進出により、現在では、産業都市としての発展を続けてきています。



まちの主なできごと

400
  • このころ大和朝廷の東国進出が行われ、まもなく高萩地方は多珂国造の統治に入る。
1212(建暦2年)
  • このころ宇佐美祐茂、高萩の地頭に補任される。
1420(応永27年)
  • このころ大塚氏が竜子山に城を構える。
1602(慶長7年)
  • 高萩地方は戸沢政盛の領地となる。
1606(慶長11年)
  • 戸沢政盛が竜子山城の修復を行い、松岡城と改称。
1622(元和8年)
  • 松岡城主戸沢政盛が出羽(現在の山形県新庄市)へ国替えになる。
1646(正保3年)
  • 松岡城地は水戸藩付家老中山信正の知行地となる。
1678(延宝6年)
  • 徳川光圀が大能村に種馬13頭を放す。(大能野駒山の開設)
1779(安永8年)
  • 赤浜村の長久保赤水が「改正日本輿地路程全図」を刊行。
1869(明治2年)
  • 中山信徴が松岡藩知事に任ぜられる。
1871(明治4年)
  • 松岡、水戸、宍戸、その他の諸県が統合して茨城県誕生。
1878(明治11年)
  • 多賀郡役所を高萩村内に設置。
1897(明治30年)
  • 日本鉄道磐城線(後の常磐線)の水戸-平間が開通。
1931(昭和6年)
  • このころ松原音頭と高萩小唄が作られる。
1946(昭和21年)
  • 高萩町が、戦災復興都市計画適用町村に指定される。
1954(昭和29年)
  • 11月23日 「高萩町、松岡町、高岡村」の2町1村と黒前村及び櫛形村の一部が合併して『高萩市』 誕生。
1955(昭和30年)
  • 5月に高萩市制祝賀式典開催。
  • 9月に『高萩市生活改善』第1号発行。(後の『市報たかはぎ』)
1957(昭和32年)
  • 高萩市役所松岡支所と高岡支所を廃止
1958(昭和33年)
  • 6月に高萩市新市建設計画策定。
  • 8月に市役所新庁舎完成。
  • 第1回市民大運動会開催。
1960(昭和35年)
  • 3月に東小学校全校舎が完成。
  • 11月に第1回文化祭開催。
  • 12月に高萩陸橋完成。
1962(昭和37年)
  • 6月に君田診療所が開設。
  • 10月に常磐線、勝田~高萩間の電車運転開始。
1963(昭和38年)
  • 1月に(財)高萩市住宅公社を設立。
  • 4月に県立高萩工業高校が開校。
  • 6月に常磐線、高萩~平間の電車運転開始。
  • 11月にKDD(現KDDI)が石滝に茨城宇宙通信実験所を開設し、日米間テレビ中継に成功。第1報は「ケネディ米大統領暗殺の悲報」
1964(昭和39年)
  • 10月に土岳・花貫渓谷が県立自然公園に指定される。
  • 11月に高萩駅前に「希望の鐘」設置。
1965(昭和40年)
  • 6月に高萩市消防本部(署)庁舎が完成し、高萩市消防本部(署)が発足。
1966(昭和41年)
  • 7月に高萩開発(株)が高萩ビーチガーデンを開設。
  • 9月に花貫衛生センター(し尿塵芥処理場)が完成。
1967(昭和42年)
  • 2月に高萩炭鉱(株)、高萩鉱が閉山宣言。
  • 3月に高萩家畜市場で最後の馬市開催。
  • 10月に常磐線が全線電化。
1968(昭和43年)
  • 3月に向洋炭鉱が閉山。大心苑が創業。
  • 8月に上水道工事に着工。
1969(昭和44年)
  • 『高萩市史(上・下巻)』発行。
1970(昭和45年)
  • 下君田地区大火災。
1971(昭和46年)
  • 4月に第1回高萩まつり開催。
  • 初めての学校プールが高萩中学校に完成。
  • 9月に中央公民館完成。
1972(昭和47年)
  • 5月に望海炭鉱閉山。
  • 7月に市営球場完成。
1973(昭和48年)
  • 3月に花貫ダムが完成。
1974(昭和49年)
  • 3月に市の木「マツ」、市の花「ハギ」、市の鳥「キジ」を制定。
  • 5月に「高萩市民の歌」と「高萩市民ばやし」作成。
  • 10月に第1回市民音楽祭開催。
  • 第29回国民体育大会が茨城県で開催され、高萩市は一般準硬式野球競技の会場となる。
  • 市民憲章を制定。
1975(昭和50年)
  • 3月に手綱工業団地が完成。
  • 4月に県立松丘高等学校開校。
  • 5月に第1回高萩国際セミナー(後の高萩国際交流の集い)開催。
  • 第1回「楽しく遊ぼうみんなの広場」開催。
  • 10月に市民体育館完成。
1976(昭和51年)
  • 『高萩の植物』を発刊。
  • 5月に『第27回全国植樹祭お手まき行事』を森林公園で開催。
1979(昭和54年)
  • 3月に勤労青少年ホーム完成。
  • 高浜運動広場テニスコート完成。
  • 11月に市制施行25周年記念式典を開催。
  • 11月に第1回産業祭開催。
1980(昭和55年)
  • 3月に文化会館完成。
  • 上君田小学校と下君田小学校が統合し、君田小学校として開校。
  • 『高萩の昔話と伝説』発行。
  • 11月に万葉の道完成。
1981(昭和56年)
  • 5月に北部衛生センター塵芥処理施設が完成。
1982(昭和57年)
  • 3月に小島住宅団地分譲開始。
  • 4月に市民センターが完成。
  • 10月に丹生神社の「棒ささら」が復活。
1983(昭和58年)
  • 12月に図書館と歴史民俗資料館が完成。
1984(昭和59年)
  • 高萩市・十王町事務組合消防本部新庁舎が完成。
1987(昭和62年)
  • 4月に高萩十王斎場完成、業務開始。
  • 8月に高萩家畜市場最後の牛市を開催。
1988(昭和63年)
  • 1月に高萩観光10選決まる。
  • 2月に常磐自動車道開通記念歩く会を開催。
  • 3月に高戸大橋開通
  • 7月に有明海岸に高萩海水浴場が約20年ぶりに開設。
1989(平成元年)
  • 4月27日に山形県新庄市と友好都市の盟約調印。
  • 市制施行35周年記念式典を開催。
  • 鈴木一司氏に名誉市民の称号を贈る。
  • 『写真集…高萩ふるさとのあゆみ』発行。
1990(平成2年)
  • 10月に花貫ふるさと自然公園の竣工。
  • 12月に松岡地区公民館開設。
  • 第1回中学生海外派遣事業開催。
  • 保健センター開設。
1991(平成3年)
  • 11月に花貫渓谷の汐見坂に吊り橋完成。
1992(平成4年)
  • 『高萩の動物』発行。
  • 市立幼稚園の2年保育を開始。
  • はばたき公園とハーモニーパーク完成。
  • サンスポーツランド高萩が完成
1993(平成5年)
  • 4月に県道高萩大子線が国道461号線に昇格。
  • 12月に「希望の鐘:光のページェント」を開催。
1994(平成6年)
  • 6月に花貫クリーンセンター竣工式開催。
  • 松岡小学校前の大手橋完成(松岡地区環境整備事業)。
  • 第1回生涯学習市民フェスティバル開催。
1995(平成7年)
  • 高萩市・十王町事務組合消防本部高萩消防署に屈折はしご付消防自動車を配置
  • 「災害時における相互応援協定」を日立市、高萩市、北茨城市、十王町の4市町で締結。
1996(平成8年)
  • 7月に『日本の渚・百選』に高戸海岸が選定される。
  • 「災害時における新庄市、高萩市及び角館町相互応援協定」を締結。
1997(平成9年)
  • 4月に児童クラブ(放課後児童対策事業)開始。
1998(平成10年)
  • グリーンタウンてつな住宅団地の84区画分譲開始。
  • 救急救命士と高規格救急車を導入。
  • 「常磐三市災害相互応援協定」に高萩市と北茨城市、いわき市が調印
  • 夕照ふれあいの道が完成。
  • 松岡地区環境整備事業完了。
1999(平成11年)
  • 市内初の県営住宅完成。
  • 駅前通り商店街の景観改造事業完了。
  • 「希望の鐘」を撤去。
2000(平成12年)
  • 総合福祉センター「萩っこ・はまなす」が8月に完成。
  • 公式ホームページを開設。
  • 高萩ビーチガーデン閉鎖(12月)
2001(平成13年)
  • 森林公園グリーンミュージアムに山崎猛さんの彫刻原型作品を常設展示。
  • 清流の郷 『花貫物産センター』 がオープン。
  • 第3次高萩市総合計画を策定。
  • 7月に花貫川へのダンプカー転落事故で市内9,000世帯が最大で40時間の断水。
2002(平成14年)
  • けやき平キャンプ場オープン。
  • 『花貫物産センター』に野外トイレと農林産物加工施設が完成。
  • 新しいゴミの分別とゴミ袋の有料化を実施。
  • 日本加工製紙(株)が自己破産(5月)
2003(平成15年)
  • 高萩市観光協会がホームページを開設。
  • 11月1日に埼玉県飯能市と友好都市の盟約を締結。
  • (飯能まつりで観光協会が「アンコウの吊るし切り」を披露)
2004(平成16年)
  • 市制施行50周年記念。(記念事業:夢蒼塾による海岸アートプロジェクトやNHK公開ラジオ番組「真打ち競演」等)
  • アテネオリンピック女子バスケットボール競技に矢代直美(安良川)が出場。
  • 大心苑閉鎖(9月)
2005(平成17年)
  • イトーヨーカ堂閉鎖(6月5日)
  • 小山ダム完成竣工式開催
  • 土岳が「関東富士見百景」に選定
2006(平成18年)
  • 松村任三博士生誕150周年記念ウォーク開催
  • 植物学者「松村任三」関係資料が市有形文化財に指定
2007(平成19年)
  • 小山ダム完成記念マラソン大会開催
  • 穂積家住宅前蔵の補修工事完了
  • 観光絵葉書「高萩物語」発売開始
2008(平成20年)
  • 「高萩さくらまつり」をさくら宇宙公園に会場を移し開催
  • 小山ダムに休憩施設完成
2009(平成21年)
  • 観光絵葉書「高萩便り」発売
  • 高萩ブランド推奨品に12点を認定
  • 市政施行55周年記念式典開催
  • 全国初の徳川御三家附家老サミット開催
2010(平成22年)
  • NHK大河ドラマ「龍馬伝」ロケが赤浜海岸で行われる
  • 映画「桜田門外の変」ロケが穂積家住宅で行われる
  • 当観光協会に県内初のグリーン電力証書授与
2011(平成23年)
  • 「松岡藩藩校就将館」完成記念講演会開催
  • 東日本大震災発生 震度6強を記録
  • 茨城県北ジオパークが日本ジオパークに認定
  • 穂積家住宅で古民家スイーツ&カフェ「高萩茶房」オープン(期間限定)
2012(平成24年)
  • 菊池寛実記念高萩炭鉱資料館がオープン
  • 戸沢政盛公座像が就将館に展示
  • 穂積家住宅で高萩「萩の茶屋」オープン(期間限定)
  • 高萩駅前に長久保赤水像建立



問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは高萩市観光協会です。

〒〒318-8511 茨城県高萩市春日町3-10-16 仮設庁舎C棟1階 高萩市役所観光商工課内

電話番号:0293-23-2121

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

高萩市観光協会ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
  • 【アクセス数】
  • 【更新日】2016年6月27日
プリントする
スマートフォン用ページで見る